自宅でお金稼ぎ|合同会社ズームZoomのネトビジfree

ツールで稼げる副業!合同会社Zoom(ズーム)のネットビジネス倶楽部

子供服せどりをするときに気をつけたい3つのこと

time 2020/04/13

子供は成長が早く、成長にあわせて服を買い替える必要があります。つまり、子供服の需要があるということです。需要がある商品はせどりで販売しやすいです。しかし、子供服せどりを行うときにはいくつか注意したいことがあります。

●偽物に注意
オークションではハイブランドの子供服を格安で仕入れられることがあります。しかし、ハイブランドの子供服は偽物を掴まされてしまうことがあるので注意が必要です。
特に個人が販売しているものは注意が必要になります。リサイクルショップでは商品の状態を確認して、商品としれ売れるものを販売しています。しかし、オークションの場合はこういったチェックがありません。つまり、偽物を販売できるということです。
そして、偽物をせどりで販売してしまえば違法になります。
新品なのにブランド品が格安で販売されている場合は特に注意をしましょう。
偽物を掴まされないためには、目利きがいるリサイクルショップや信頼できるショップで仕入れることをおすすめします。

●状態をチェックする
新品・中古にかかわらず、出品をする前に商品の状態をチェックします。万が一にも汚れがついていたり、糸がほつれていたり、穴が開いていたりなどすれば、購入者からクレームがきて評価が下げられてしまう可能性があります。
リサイクルショップでは中古品の状態を確認してから販売しているので、汚れやほつれなどは少ないと考えられます。しかし、オークションは商品の状態が悪くても販売されていることがあるので、念入りに検品をする必要があります。子供はよく遊んだり、食べものをこぼしたりするので、汚れが付着していることは珍しくありません。
また、新品でもまれに糸がほつれているなどあるので、自分の目で確かめておくことが欠かせません。

●詳しい写真をのせる
商品紹介ページでは、できるだけ詳しく写真で説明するようにします。
子供服の場合、親は子供に脱ぎ着させやすい服を選ぶ傾向があるので、写真から脱ぎ着しやすいことが伝わるようにするとよいでしょう。オークションで出品するときには自分で写真を撮影して、商品紹介ページを作る必要があるので、購入者にわかりやすいような商品ページを心がけてみてください。

●古物商を取得しておく
せどりを行うためには古物商を取得しておく必要があります。どのような商品を取り扱うにしろ、転売をするときには必要です。

子供服は需要があり、売りやすい商品の一つです。しかし、いくつかの点には気をつけましょう。